読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男子の育児休暇日報

40歳を過ぎて男子が産まれ、育児休暇を取得してからの子どもとの日々を綴るブログ。

子どもの名前をどうするか

出産 育児

出産してすぐにするのが

出生届を出すこと。

これで住民票がもらえて

いろいろな手続きができるのだが、

名前を決めないと提出できない。

出産後から8日以内くらいに提出しないといけないので、

思いの他、時間はない。

 

妊娠が分かった時に名前は考えていなかった。

男の子と分かった時もボンヤリ考えていたくらいで、

そんなに意識はしなかった。

ただ名前の本は買っておいたが、

本を買って満足していた。

 

実際は出産の二ヶ月くらい前に

真面目に考えようと妻と話したので、

まずは良いと思う名前を列挙してLINEで共有した。

この時にそれぞれ20個くらいだったと思う。

 

それから出産一ヶ月前に4個まで絞った。

名前は途中で変更できないので、

慎重に考えて方向性を

季節要因(銀次とか)、長男(太郎とか)、

健やかに(健太郎とか)とかの願いを込めてとか

候補を挙げて次に画数と調べた。

 

進めてみて分かったが、

この画数が調べるサイトによって良いものが悪かったり、

そのまた逆もあり、

2つのサイトで調べて両方良かったものを残した。

これならば後悔はない。

息子が将来、画数を調べても最大公約数的に

良いものとなる。

 

思えば、よっぽどのことがない限り変更できないので、

提出する時に何度も見直したのを覚えている。

万が一、名前を変更するのは息子にとって何か

不都合な状況にある時だろう。

考えるのもあまりよくないけど。

 

これにより子ども手当とか

健康保険とかの手続きができるので、

出産されたらまずは出生届を出すが、

その前の名前はある程度、決めておくのがいい。

4つまで候補を絞ってあとは生まれた時の顔をみて、

と言っていたが、そんなことは出産時に忘れていた。

それどころではないし。

ただ念のためくらいがいいかと。

出産後に手続きがやたらあるので、

その先を考えると最初をスムーズにしておくのが

重要なことと分かった。

 

 

母乳とミルクの混合

育児

息子の出産から5日後に母子ともに

退院できた。

息子は出産翌日からGCUに入れられていたので、

退院は微妙だったが一緒に退院できた。

緊張したのは退院前日の先生との面会。

ここで退院できるかどうかが決まったが、

問題なく退院できた。

 

三尖弁閉鎖不全症という生まれ持っての病気だが、

先生はそもそも深刻ならば退院させない、

ということなので今はそんなに心配しなくても良いだろう。

というか素人にできることは限られている。

心配したところで何もできない。

 

家で子育てする際にオムツとミルクを用意した。

哺乳瓶は義理のお姉さんからいただいたので、

最低限のものは揃っている。

ベビーベッドもいただいた。

そう言えばあとガーゼや洋服、沐浴セットもだ。

育児に必要なものはほとんどをいただいた。

レンタカーを借りてワンボックスで

お姉さんの家まで取りに行ったので。

買ったのはベッドインベッドくらいだ、ありがたい。

 

子どもは母乳とミルクの混合で育てることにした。

なんとなく母乳が良さそうなのと、

それでも量が少ないだろうから

それを補うことでミルクを。

赤ちゃん本舗で高いミルクを買っておいた。

役割として母乳が妻、ミルクは私という感じになった。

 

ただ今までミルクを作ったことがないので

どうやって作るか、から習う。

最初は沸騰したお湯を指定量まで入れて飲ます、

と思っていたがそんなことではダメだった。

100度のお湯を入れてすぐに飲ませたら

赤ちゃんはヤケドする。

そんなことも分からなかった。

 

まずミルクを溶かすのに100度のお湯ではなく、

70度のお湯だった。

なぜかは分からない。

ここで問題なのはどうやって70度にするかだ。

ついでに言うと70度にするのではない。

100度に沸騰させて70度まで下げる。

どうやってやるのだろうか。

 

今の電動ポットはできるらしい。

育児をするのに必要なので技術が進んだのだろう。

象印の電動ポットをこれまたお姉さんからいただいた。

2リットルを水からやると2時間くらいで

100度に沸騰され70度に落ち着く。

便利な時代だ。

 

象印 電動ポット 2.2L メタリックブラウン CD-WU22-TM

象印 電動ポット 2.2L メタリックブラウン CD-WU22-TM

 

 

70度のお湯を入れて人肌まで冷ますに15分くらいだろう。

この間に息子は左右から授乳を受ける。

こんな流れだ。

急ぐ時は哺乳瓶を水道水で急激に冷ますのもたまにする。

調べると100度のお湯を半分、

冷水を半分いれて飲ますのもあるみたいだ。

やったことないけど、外出先でやってみよう。

 

飲み終わった哺乳瓶は2つ溜まったら洗うようにした。

洗ってミルトンで消毒する。

このミルトンもお姉さんからいただいた。

 

子育てを初めて一時期、指紋がなくなった。

普段の食器洗いは食洗機に入れるだけだが、

哺乳瓶と搾乳機は手洗いして消毒する。

1日何回もこの作業が発生するので、

指紋がなくなった。

何歳になっても学ぶべきことはある。

 

難病指定とミルク

育児

息子は出産翌日からGCUに入った。

今もたいしたことはないが、

症状に関して難病指定になり、

なんらかの助成金もあると思う。

幸い、今はなんともないので経過観察になので、

心配なことはない。

 

ただ成長するにはミルクとか母乳が必要なので、

妻は何時間かおきにGCUに通った。

私も毎日行くようにした。

そこで母乳をやるので他のお母さんのこともあり、

男性は午後の数時間は入れなかった。

 

それ以外は普通に入れる。

母乳以外は哺乳瓶からミルクを上げるのだが、

これが飲まない。

最初は20mlとかだったが飲まない。

 

それはそうだ。

誰にも飲み方を教わっていないし、

分かるわけがないが、

ミルクを飲まないと成長しない。

唯一の食べ物でもあるし。

 

3日目くらいから鼻に管を入れられて、

ミルクを入れられていた。

最初にGCUに入る時に誓約書に署名したので

多少の処置的なものはしょうがない。

それが嫌だったのか、

次の日には管が取れた。

息子も学習している。