読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー男子の育児休暇日報

40歳を過ぎて男子が産まれ、育児休暇を取得してからの子どもとの日々を綴るブログ。

着床

妊娠

妻が妊娠した時のことは今でも覚えている。

それは2回あり、OTCの市販のものでの妊娠と

クリニックに行った時に分かった時のこと。

 

我が家はともに働いている。

スーパーに買い出しに行くのは日曜の一回のみ。

ここで一週間分の食材を買うが

一週間持つわけがない。

 

ネットスーパーを使ったのは妊娠して重いものを

運ぶのが二人で限界になってからだ。

これは便利だが自分の目で見たり、セレンディピティー的な

出会いがない。

スーパーに出会いは少ないと思うが、ゼロではない。

 

そんな食生活なので木曜には食材がなくなるので、

夜は外食になる。

その日はいつもの金曜と変わらず、

家の近所のイタリアンで食事をしようとして、

お店集合にしようとしていた。

 

だが、いったん家に帰ってからとなった。

何かおかしい。

家に帰る理由がないので、何かをやらかしたと思った。

思い当たる節はない。

仕事的なことだろうか。

それならばお店でもいい。

とりあえず、家に帰ると妊娠したらしいと告げられた。

 

ただ市販のものなので正確かは分からないので

クリニックに行って調べてもらうことに。

それはそうだ。

これが一回目。

 

都合がつかなかったので妻が独りで行って妊娠が分かった。

もう少し様子を見ないと分からないとのことだった。

その次の週か2週間後かは忘れたが、次の時は私も行った。

 

婦人科で男の人はいない。

先生くらいだ。

受診する女性はいろいろなことやおもいを抱えているので、

男性がいるのは不快だろう。

なんとなくそんな空気は感じたので、

いつも奥の方にいた。

クリニックは適度に待合が分かれていたので、

十分な距離を保つことができる。

 

2回目は妻というより先生から妊娠を聞いた。

というのも、診察室に入るのにマイクで呼んで入るが、

そのマイクが入ったままでかすかに会話が聞こえたからだ。

 

「順調に進んでいますね」

という先生からの言葉があり、

出てきた妻から同じことを言われた。

ならば、順調だ。

その時、妻の目には涙があった気がする。

それを見て泣きそうになったのを覚えている。

 

出産して退院した時も同じ感じがした。

 

次の目標は安定期を迎えることにした。

これくらいしか分からないので。

この時は親族以外には伝えなかった。

高齢もあるし、どうなるか分からないからだ。

あらぬ期待を両親にかけたくないし

(初孫になるし我が家には孫がいない)

本当にどうなるか分からないし。

 

私には兄がいて10ヶ月で亡くなったのもあるし。